業務案内

取扱品目

取扱品目一覧

●紙類
雑誌、漫画、チラシ、新聞、ダンボール
●木、木材類
木材、木(幹)、木(枝)、根、竹、草
●廃プラスチック類
ペットボトル、プラスチック容器、混合軽量ハイプラ、ビニールシート
●金属類
金属くず、ケーブル片(自動車等破砕物を除く)

●ガラス類
ガラス製品
●廃油
自動車潤滑油、揚げ物油
●ゴム類
長靴、運動靴、革靴、ゴム手袋等
●コンクリートおよび陶磁器類
コンクリートブロックくず、石膏ボード、陶磁器類
●その他
部屋の片づけ、遺品整理、墓石撤去、特殊作業

まとめられたダンボール

リサイクル取扱品目

●飲料ビン
●木くず
●飲料ペットボトル
●金属くず
●飲料缶
●混合プラスチック
●古紙
●衣類

衣類

リサイクルの流れ

当社は環境問題と循環型社会の形成に正面から向き合い、廃棄物の処理を行っております。
今や環境問題は私たち一人ひとりが考えていく問題となっています。
当社も次の世代へ美しい豊かな環境を残していけるよう、リサイクル事業を推進してまいります。

01 収集・運搬

産業廃棄物・一般廃棄物を収集し、飛散・落下防止対策を確実に行い、地域環境保全に努めています。

02 解体処分

建築物の解体の場合、「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(建設リサイクル法)」に則り、人と機械の併用による分別解体を徹底し、循環型社会形成のため廃棄物のリサイクルを行います。再生資源の十分な利用および廃棄物の減量等を通じて、資源の有効利用の確保および廃棄物の適正処理をはかります。

03 資源再利用

少しでも環境負荷を低減するために当社は今後もリサイクル推進に努めます。

環境に優しい、高精度な選別

特に難しいとされる、解体後の混合物の選別においては
通常だと、現場にて人手をかけて手作業で選別する作業を
当社技術者により、高精度な分別を行い、5分の1のコストダウンと、環境に配慮した選別を行っています。

解体工事の流れ

当社の解体工事の流れをご紹介いたします。
まずは、お電話またはお問合せフォームからご連絡ください。
その後、現地確認・調査を行い、お客様のご要望をお聞きした上で、お見積もりを作成いたします。お見積り内容にご納得いただきましたら、ご契約となります。契約後、作業を開始いたします。

安全対策と周囲環境に配慮した作業

お客様よりお見積りのご依頼

お問合せフォームか、お電話でご連絡いただければ、担当者より折り返しご連絡いたします。
TEL:0979-32-3440

現地確認・調査

お客様の御都合に合わせ現地にて立会を行い、調査・計測を行います。遠方のお客様や立会を行えない場合は、電話やメールにて、お客様の納得いくまで確認いたします。

お見積り書の提出

解体工事にかかる車両・重機はすべて自社所有で、工事に携わるスタッフは資格保持者の熟練者ばかりです。搬出される廃棄物等も自社処理いたしますので、コストダウンが見込めます。

ご契約

内容に御納得頂けましたら、御契約させていただきます。

建設リサイクル法の届け出

80平方メートル以上の建築物にかかわる解体工事は資材の再資源化等に関する法、第10条第1項の規定により届出を行わなければなりません。届出に必要な書類は当社にて作成・提出いたしますのでご安心ください。

その他手続き(電気配線・引込配管撤去)

ガス・電気・電話線等につながったまま解体工事をおこなうことはできませんので、ガスにつきましては工事前に撤去の手配をお願いいたします。電気、電話は当社で手配いたします。水道は解体中、解体時のほこり防止の為に使用させていただきますので撤去前に確認させてください。

近隣へのご挨拶

着工前に近隣にご挨拶伺い、工程、搬出経路等ご説明させていただきます。

養生足場(メッシュシート張)設置

密集した住宅地や隣地にご迷惑をおかけするおそれがある場合は養生シートを設置します。場合によっては防音シートを設置
廃材の飛散・埃を防ぎ、近隣の方へのご迷惑を最小限におさえます。

室内外手作業による撤去

建物から手作業で撤去できる「瓦・サッシ・石膏ボード・各設備機器・断熱材等」を撤去します。この時不要とされた室内外不要物も分別撤去いたします。

重機による本体解体

建物本体は重機にて解体をおこないます。
木造・CB造・RC造・鉄筋造等、多種多様なバックホウアタッチメントにて全ての解体に対応します。

詳細分別作業

解体前にあらかじめ手作業により分別はおこないますが、解体時しか分別できない廃材・木類・廃プラ・コンクリート・鉄・ビニール等、分別をおこないます。
最後に土間コンクリート基礎の撤去をおこないます。

敷地整地

地中に残存物等が残っていないか確認を行いながら整地します。また、再生ラン等もサービスで敷き均す事も出来ますので見積り時にご遠慮なくご相談ください。

解体証明書の発行

滅失登記を行う書類関係も発行いたしますので、お気軽にお申し付けください。

※相場よりも安い御見積りは危険です!
法律に則っての工事が正しく行われているとは考え難いので当社に一度ご相談ください。

廃棄物処理・収集運搬業、リサイクル業について

建物解体(木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造)
内装解体(店舗改修、マンションリフォーム)
斫リ工事
外構工事(ブロック、樹木、駐輪場、カーポート 他)
重機解体、手解体
不要品片づけ、処分
工場・倉庫・ガソリンスタンド等の解体工事
他・遺品整理・特殊作業・墓石解体

一般廃棄物

一般廃棄物は大きく分けると家庭から出される生活ごみと会社から出される事業ごみの2つがあります。さらに可燃物、不燃物、資源物、粗大ごみの4つに分けられます。
●可燃物(燃えるごみ)/家庭用生ごみ・事業用生ごみなど
●古紙類(資源物)/新聞紙・雑誌・ダンボール・牛乳パック
●不燃物(非鉄・金属・混合物)/陶磁器類、小型電気製品・おもちゃ・混合体製品など
●大型物(粗大ごみ)/タンスなどの家具類・業務用機材など

産業廃棄物

産業廃棄物はさまざまな業種の事業所から排出されます。分別種類が多く処理方法も多様です。
廃プラスチック類・燃えがら・汚泥・動植物性残さ・廃油・廃酸・廃アルカリ・紙くず・木くず・繊維くず・ゴムくず・金属くず・ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず・がれき類

リサイクル品

廃棄物の中には資源物があります。 廃棄物を分別し再生資源を循環すれば、限りある資源の保護につながります。
●古紙類(資源物)/新聞紙・雑誌・ダンボール・牛乳パックなど
●空き缶/スチール缶・アルミ缶・一斗缶など
●廃プラスチック類/PETボトル・PE・PS・ABS・発泡スチロール・トレーなど

解体のあらゆるお悩みを解消します

解体工事でお悩みの方、中津市の友松産業にご相談を
解体でこんなお悩みはありませんか?

●なるべく解体費用を安くしたい
●家の中の不用品も処分したい
●建物以外の内装や墓石も解体したい
●どの解体業者に依頼したらいいのか、わからない

金額の目安について
木造瓦葺平屋建て住居40坪、養生足場無し
重機解体で、坪単価 約22000円~ぐらいが目安となっております。
相場より安いお見積りは危険です!

中津市で解体工事にお悩みの方、ご相談ください。
当社では、解体からリサイクル、廃棄処理まで一貫して行っております。
不要品片づけ、処分、遺品整理、特殊作業もお任せください。
解体工事のお悩みを解決します!

悩む若い夫婦